もはや恒例?生理前のカンジタ再発

      2017/01/21

スポンサードリンク

先日、カンジタにすぐなっちゃうという記事を書きました。

カンジタ膣炎の症状に苦しんできた日々の事

 

あれから一ヶ月弱。またなりましたよカンジタ!!!!!

どうなっちゃってんの、どうしてなのよ(:_;)

今回は病院に行く時間がないので、買いましたよ、フレディ㏄。膣錠と軟膏合わせて5000円弱!痛すぎる出費。

友人に産婦人科医の子がいまして、別件で用事があって連絡したついでに、生理前はカンジタになりやすいの?って聞いてみました。

 

医「あー、結構いるよ。生理前はホルモンの関係であの辺が酸性になっちゃうから、真菌が増えやすいの。あとさ、かたつむり花粉症で重いでしょ?抵抗力落ちるとなりやすいから、それもあると思うよ。薬入れて塗って、しっかり休みなね~」

とのことでした。優しい。

 

確かに、このところ花粉に完全に負けていて、夜も眠れないしずーっとぼーっとするし、仕事は忙しくてヘロヘロ。そこに生理前の体の状態ってことでまた発症してしまったんでしょうねぇ。

病院に行こうかとも思いましたが、有休を使いきっていて休みたくないので今回は市販薬で様子を見てみたいと思います。薬を入れて1時間、今のところかゆみは変化なし。中の方がちょっと熱いような感じはしています。

で、今回困ったのは薬を購入する時ですよ。

 

カンジタ市販薬って、薬剤師さんのいる薬局じゃないと買えないんですよね。そこで自転車で10分ほどのちょっと大きい某チェーン薬局に行ってきたんです。

が、この薬局では初めての購入なのでどこにあるかわからない。ちょっと迷いましたが、恥を忍んで店員のお兄さんに

か「すいません、フレディ㏄という薬を買いたいんですけど…」

と勇気を振り絞りましたが、

スポンサードリンク

兄「あー…(ちょっと棚を見回す)聞いたことないのでおいてないと思いますよ」

か「…!!!!」

嘘だーと思ったのですが、なんせ薬の種類が種類なもんで、お兄ちゃん店員にあまりしつこく食い下がれず。どうしようかとオロオロしていたら、風格のあるおじさま店員(白衣着てる!)さんが

「何をお探しですか?」

と優しく声をかけてくれました。

か「カンジタになってしまって…」

まで言ったところで

「あ、それなら奥のこっちじゃないと買えないんですよ、どうぞー」

と奥のお薬コーナーに招き入れられ。

「カンジタにかかったことはありますか?」

「膣錠は使ったことありますか?」

等の質問にハイ、ハイ、と答え、無事に購入することができました…。

 

言いつけるわけじゃないけど、他の人も困ったらあれだと思ったので

か「さっきお兄さん店員さんにも聞いたんですけど、おいてないと思うって言ってたので買えないかと思ってハラハラでした~(´ー`)」

と軽いタッチでお伝えしてきました。本当に軽くですよ。

 

【教訓】

薬局で困ったら、最初からベテランそうな白衣の人に質問しよう。

スポンサードリンク

 - カンジタ, 育児