羽生結弦選手、2018年2月18日の素晴らしき記者会見全文。かなえた夢の、その先へ。

   

スポンサードリンク

2018年2月18日。

ピョンチャンオリンピック男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した、羽生結弦選手の記者会見が行われました。

羽生選手のファンとして、そしてフィギュアスケートのファンとして、考えさせられることの多かった会見。

特に後半は、言葉のひとつひとつに重みがありました。

 

日本語の部分だけですが、掲載したいと思います。動画からそのままの書き起こしなので、読みにくい部分があったらすみません。

 

‐それでは羽生選手、いまのお気持ちを

 

えー、昨晩はありがとうございました。まず、ソチの時とは違って、非常に非常にたくさんの想いをこめて、この金メダルを取りに行きました。

そして最終的に、自分が思い描いていた結果になり、自分が思い描いていたメダルを付けていることが、本当に幸せです。

 

※英語の質疑がしばらく続き、ジャパニーズ!と日本語を希望。

 

‐競技の練習以外で、これから挑戦したいことは?

 

とりあえずまだスケートを辞める気はないので、ただ、「夢はかなった」「やるべきことはやれた」という実感はあります。すがすがしい気分でもいます。ただ、まだ、やりたいことはスケートの方では残っています。

 

スケート以外のことで何か喋れるとしたら…うーんそうですね…(しばらく考える)。

スポンサードリンク

 

うん、一応今考えましたけど、一周回ってきてスケートのことだったので、本当に今まで人生をスケートにかけてきて本当に良かったって心から言えますし、これからももうちょっとだけ…もうちょっとだけ、自分の人生をスケートにかけたいなって思っています。

 

‐今おっしゃっていた、スケートでもうちょっとやってみたいこととは?

 

先ほども質問で出た通り、4回転アクセルはやりたいなと思っています。

 

それは、「前人未到だから」とか…、たぶん、小さいころの自分だったら、「前人未到だから」とか多分いうと思います。

 

ただ、今の僕の気持ちとしては、自分にとって、やっぱり最後の最後に支えてくれたのはトリプルアクセルだったし、やっぱりアクセルジャンプというものに感じた想い…時間、練習、質も量もすべてがどのジャンプより多いし、何よりも僕の恩師である鈴木先生が「アクセルは王様のジャンプだ」と言っていた。

 

そのアクセルジャンプが僕は得意で、そして大好きでいられることに感謝しながら、4回転アクセルをちょっと目指したいなって思っています。

 

‐ソチが終わった後、この日のために描いていた青写真の通りに行ったのか?今後(キャリアを終えてから)の予定は?

 

まずじゃあ、キャリアを終えてからの自分のやりたいことを。

 

僕はまぁ、まだまだ英語がへたくそだし、勉強しなくてはいけないことがたくさんあるし、もちろん日本でもまだまだ経験していないことがたくさんあると思いますが、世界中を回りながら、スケートで、本気で1位を目指している人に、何か手助けをしたいなって思っています。

 

僕はこうして、幸いにも日本で最初に練習して、最終的にはカナダで練習することになって、いろんなことを学べたし、何よりも今現在のフィギュアスケートの技術だとか演技だとか、幸いにも自分が一番上に来たと胸を張って言えるので、そういった経験をみんなに伝えるお仕事ができたらな、という風に思っています。

 

コメンテーターというのもあるかもしれないけれど、テレビというよりは、できれば直接、選手の手助けがしたい、という風に思っています。

 

(4年前から今日までは理想通りに行ったのか?)

 

それはもう、全然ですね。

19歳の時に取ったメダルからすぐに世界選手権があって、あのとき一番覚えているのが、メディアにもいっぱい聞かれて自分でもいっぱい言ったので覚えてるんですが、「一番最初に何がしたいですか?」「練習。サルコウの練習」って言いました。

 

フリーのリベンジがすごくしたくて臨んだ世界選手権で、そしたら今度はサルコウの練習ばっかりしていたら、ショートで絶対の自信を持っていた4回転トウループでミスをしてしまって、非常に悔しかった。そして、フリーで何とか挽回して優勝できた。そういう記憶があります。

 

その、(ソチ後)1番最初の試合から、(衝突のあった)中国杯があって、そして手術があって、捻挫をし、えー、本当に、ケガと病気と、まぁそういったものにずっと苦しみながらこの4年間を過ごしたわけですけれど、まぁそれは思い描いていなかったですね。はっきり言って、思い描けなかったです。

 

でも、でもですけど、正直に言えるのは、もし何もなくて、このNHK杯でケガをするまで、本当に順風満帆で何もなくて上手くいっていたとしたら、たぶんオリンピックで金メダルはとれていないです。

 

やっぱり、そういう色んな経験があったからこそ、いろんな勉強ができたし、いろんなことを学べたし、それを生かせたのが、今回のケガからの復帰だと思っています。

 

‐4回転アクセルの右足首への負担は怖くないのか。習得できるとしたら、どれくらいの時間がかかりそうか。

 

えっと、右足の負担は、正直言って大きなものになるとは思っています。

 

実際にここまでくるにあたって、4回転ループがまず飛べたのが、移動する前日、そして、4回転ルッツに関しては全くやらず、もうトリプルジャンプ…トリプルルッツが飛べるのも本当にぎりぎりだったので、本当にぎりぎりの戦いの中、なんとかなんとか跳べるようになったっていうようなジャンプだったので…。

 

まぁ、まだこれからそのジャンプ達をどうしていくかはわからないですけれど、4回転アクセルに関しては、右の足首の状況を見ながら、習得を目指していきたいな、という風に思っています。

 

正直に言ってしまうと、やっぱり今…若干満足しちゃっているので。自分に。

 

きっとたぶん、今幸せだから、またすぐ不幸がたくさん起きて、きっとすぐまたつらい時期が来るんだろうなって。ただ、それはきっと次の幸せのためのステップだと思うので、ケアも治療もリハビリも、すごくつらい時だっていうのはわかりますけど、そういうものに専念する時間が取れたらな、っていう風に思っています。

 

‐次に進むモチベーションは?ソチ後は休まず連覇への挑戦を続けてきたが、今後の予定は?

 

足首次第です。本当に、痛み止めを飲んで…注射を打てれば本当はよかったんですけれど、注射を打てないような部位であって、痛み止めをなんとか飲んで飲んでというような感じだったので、はっきり言って、今ちょっと状態がよくわからないです。

 

ただ、あの…まぁはっきりと言えることは、痛み止めを飲まない状態では到底ジャンプを降りられる状態ではないし、跳べる状態でもないっていうのはわかっています。なので、あの…治療の期間が欲しいという風には思います。

 

ただそれがどのくらい長引くのか、あとはアイスショーの関連とかもありますし。やっぱり、せっかく金メダルを取ってきたからこそ、いろんな方々にすぐに伝えたい、すぐにみんなに笑顔になってもらえるような演技がしたいという風には思っていますので、そこは前向きに検討しています。が、競技としてという事を考えると、ちょっとやっぱり治療の期間が必要だなという風に思っています。

 

モチベーションに関しては、スケートをもう辞めたいとかいうことは全くないです。何より、モチベーションはすべて4回転アクセルだけなんで。もう、とるべきものはとったし、やるべきことはやったと思っています。あとは、ちっちゃかった頃に描いていた目標を、夢じゃなくて目標を、かなえてあげる。それだけかなって思っています。

 

‐ケガをしてから、足の状態は?そしてこの3ヶ月間の心理状態は?

 

えっと、ケガの状態については、はっきり言って詳細がよくわからない状態です。えー、まぁ検査もちゃんとしたんですけれど、もともと(故障して)靭帯が損傷していた部位、また、その時にやってしまった方向があまりにも複雑だったという点もあり、色々な痛みが出てきてしまった。正直言って、どれがどこまで痛んでいるのか、そしてなんの治療が一番最適なのか、ちょっとわからない状態です。

 

(何かを話しかけて)…まぁ、これくらいにしておきます(笑)

 

えっと、3か月間のメンタルに関しては…(少し考える)なんて言ってほしいですか?(はにかむ)

 

うーーん…(考え込む)。

 

特に、自分の心から、自分の心、自分の頭が先導でネガティブな方向に引っ張られることはなかったですけれども、環境・状況・状態・条件。そういったものに、外的要因から、凄くネガティブな方向に引っ張られました。

 

やっぱり、それだけスケートにいろんなものをかけたし、いろんなものを捨てたし、スケートだけでいいやって本当に思ってるので、だから、これでスケートを辞めなきゃいけなくなったら、どうしようってまでも思ってましたし、実際に今もどうなるかわからない状態なので…。あの、ちょっと複雑な状況です。

 

まぁ…こういう質問で終わるのも何なのでやっぱ、ねぇ、明るい話が。僕の場合は。

 

こうやってスケートを滑れて、本当に幸せです。オリンピックのマークがあって、こんなにたくさんの方々に応援してもらえて。

 

本当の本当の気持ちは、「嫌われたくない」ってすごい思うし、いろんな方に見られれば見られるほど、いろんなことをしゃべればしゃべるほど、嫌われるし。へへ。

 

色んなことを書かれるし、なんか…嘘みたいな記事が、たぶんこれからもっともっと出てくるんだろうなって思います。ただ、僕がしゃべったこと、僕が作ってきた歴史、それはなにひとつ変わらないし、自分の中で、今回は誇りをもって、本当に誇りをもって、金メダリストになれたと、そう思っているので、これからの人生、オリンピックの金メダリストとして、しっかり全うしたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

 

「とるべきものはとったし、やるべきことはやった」

 

羽生選手のこの言葉が聞けて、本当に嬉しいです。

 

やはり、足の状況は予想していたものよりはるかに悪かった。公の場に出るまで一切の情報がシャットアウトされていたのも、現地入りしてから「大丈夫です」としか言わなかったことも、今となってはすべて納得です。

 

心無い言葉も、一部の報道も、きっと耳に届いていた。そして、心を痛めていた。それが伝わってくる会見でした。

 

自分のため、自分の大切な人たちのため、自分を応援してくれる人たちのため。全てを見返し、すべての感情を晴らすには、このオリンピックのタイトルを取る以外になかったんだと。

 

絶対王者として、アスリートでありながらアイドルのような歓声を向けられる存在として。この23歳の青年が背負っていたものは、どれほど重いものだったのでしょう。

スケートにすべてをかけてきた青年が、スケートがもうできないかもしれないと考えたとき、どれほどの恐怖が襲ってきたことでしょう。

 

捨ててきたもの、あきらめてきたもの。それが何かも、そのことの重さも、私たちには到底わかりません。

 

でも、穏やかに、満足そうな表情で、金メダルをもって話す羽生選手の姿が見られて、本当に嬉しいです。

 

 

かなうなら、ずっとずっとあなたのスケートをみていたいです。

 

でも。これからの日々は、「自分のため」に使ってほしい。たくさんの幸せに包まれて、自分のために生きてほしい。

 

子どものころの自分の夢を、目標に。どうか4回転アクセルを成功させてほしい。

 

そして、大切な人たちと、穏やかな時間が過ごせますように。

 

 

右足の回復を、心よりお祈りいたします。

 

新聞、大人買い。

­

スポンサードリンク

 - ニュースとか, フィギュアスケート, 羽生結弦選手